10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とんでもない給湯器

うちはボロ家です。

突然何を言い出すんだとドン引きされるかもしれませんが、まぁ普通にボロ家です。
築60年近く経っているのもありますが、基本ステータスが貧乏なので修繕する金もなく、数年前の大地震で負ったそこかしこのダメージがそのまま放置されてたりする。ボロ家です。

台所の流しは冷水オンリーです。給湯器ついてない。
のでこの時期、蛇口をひねれば氷より冷たいんじゃないのコレっていう水。一分のインターバルを設けながらでないと、とてもじゃないけど皿洗いができない。もうひとりの皿洗い要員であるおとんも、それは同じです。
ある日仕事から帰り、化粧落とすべかと台所(その向こうが風呂場)に踏み込んだ私は、仰天の光景を目にしたのでした。

風呂場と台所の流しの間の壁から、青いゴムホースがにゅーーーーと伸びている。

この壁の隅には通称「ネズミ穴」と呼ばれる小さいカケがありまして(生々しい通称)ちょうど流しの右隣。
おとんは風呂のボイラー湯が出る蛇口にホースをつなぎ、穴を通して流しまで引っ張っていたのでした。

「ちょ、なにこの力技! 風呂入るのに思い切り邪魔なんすけど!」
「今日コメリから買ってきただ(ホース) 皿洗いやってられんし、このほうがやる気でるがな」

風呂に入るときはこのゴムホースをギニュニュと力こめて外さなくてはならない。メンドい。
勿論、流しでお湯を使い終わったら、いちいち風呂場まで行って蛇口を止めなければならない。これもメンドい。
とは言いつつも、やる気が出るのはガチだった。ブツクサ言いながらも私もこのテを使って、もうやめられません。
人間ぐうたらの味を覚えるといかんね。ぬくぬく。
スポンサーサイト
Secre

Pixiv

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。